伊藤丈雄プロフィール PROFILE

伊藤 丈雄

PROFILE 伊藤 丈雄 ITO TAKEO

ひとりミュージカル俳優
山口県下関市生まれ。
埼玉県熊谷市在住。
ICU(国際基督教大学)数学専攻卒業。大学在学中、アメリカUCLAへ2年間交換留学した際に、
ブロードウェイミュージカルと出会い、人生を180度転換。プロへの道を志す。

東京ディズニーランドのパフォーマー、「ライオンキング」
「ジーザス・クライスト・スーパースター」「ハムレット」「異国の丘」等、
劇団四季での俳優、十数年の活動を経て、

2013年4月に株式会社オフィスピースオブドリームを設立。
「ひとりミュージカル」という、独自のジャンルのエンターテイメントを確立する。

2015年5月、クラウドファンディンクでの成功をきっかけに、全国ツアーを開始。
初年度でいきなり年間60カ所以上での公演実績を作り上げ、以来、北海道から四国、九州まで、
のべ300ステージ以上、全国での上演を積み重ねる。

祖父が喜多流の能楽師であったことから、坂本龍馬や織田信長、土方歳三や吉田松陰など、
歴史的人物を主人公とする作品を描くことを得意とし、
「夢を大切に」「自分ならではの志に生きる」という、魂からのメッセージを、
エンターテイメントを通して、発信し続けている。

 

著書『自分を輝かせる「ひとり力」のススメ』(サンマーク出版)
CD「夢のかけら」「幕末の夢」「信長夢物語」
DVD「七つの宝地図」
公式YouTubeチャンネル「ひとりミュージカルTV」

 

メディア掲載:NHK「おはよう日本」、西日本新聞・読売新聞、長崎新聞・京都新聞・高知新聞・佐賀新聞・滋賀報知新聞、他多数

伊藤丈雄のオリジナル脚本・演出による
「夢と勇気の物語」

  • 奇跡の塾「松下村塾」誕生の物語 維新の夢 吉田松陰物語
  • 織田信長×土方歳三の物語 幕末レボリューション BAKUMATSU REVOLUTION
  • 織田信長が主人公の物語 信長夢物語 NOBUNAGA DREAM
  • 坂本龍馬が主人公の物語 幕末の夢 BAKUMATSU DREAM
  • ひとりミュージカルが魅せる、新たな物語 2021年 新春 公演 COMING SOON

作品紹介を詳しく見る

『夢』と『感動』を日本全国へ、
ずっと変わらない、こだわりとは?

私達にとって、「感動」とは、「純粋な想い」
生まれて初めて、生の舞台でブロードウェイミュージカルを観た時の新鮮な感動を、いつまでも持ち続けることです。

舞台を楽しみに観に来てくださる方が本来持っているはずの、
ピュアな心を、毎回取り戻して差し上げること。
私達にとって、「夢」とは、「誰もが持っている、無限の可能性」を、いつまでも信じ抜く心。

無駄なことは何ひとつない

舞台に触れてくださった、すべての縁する方々の心を元気にして差し上げること。

「もしかしたら自分にも出来るかも」「やっぱりもう一度やってみよう」そんな気持ちになっていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

私達が生涯を掛けて貫いていきたい、大切なビジョンとは、「『夢』と『感動』の素晴らしさを伝え続け、縁する人々の心を笑顔にしていく」こんなことを大切に、これまでずっと活動してきました。
そしてこれからもずっと、大切にしていきます。

どんな場所でも、あっという間に、
夢と感動のステージに

スピーカー、アンプ、ミキサーと、本格的な音響PA機材、パーライト、スポットライト、ムービンクなど、舞台を色鮮やかに輝かせる舞台照明、プロジェクター、スクリーン、ビデオミキサーなど、舞台を異次元なものへと仕上げてくれる映像演出機材、これらすべてを持ち込み、どんな場所でも、あっという間に、ミュージカルの舞台ステージへと、早変わりさせていきます。

公共のホールや劇場はもちろんのこと小さなレストラン、カフェ、会議室からバレエスタジオ、お寺の本堂、古民家、
さらには、大きなホテルの宴会スペース、全校生徒向けの学校の体育館まで、

劇団四季や東宝、ホリプロなどの大型ミュージカルではなかなか届けていけないようなところにこそ、これまで、数百か所以上、ありとあらゆる空間をエンターテイメントの会場に作り替え、生の舞台ならではの、迫力あるパフォーマンスを、届けてきました!!

ミュージカル講演会、ミュージカル研修とは?

2015年からスタートした全国ツアーは、北海道から、四国、九州まで、初年度でいきなり60公演を達成。
それ以来5年間で、様々なミュージカル作品を通して、300ステージ以上の上演実績を積み重ねてきました。

坂本龍馬、織田信長、土方歳三など、歴史上の人物にスポットを当てた、観ると元気になる物語。
特に「吉田松陰」のミュージカルは、まさにハマり役で、空前の大ヒット。
行く先々で上演する度に大好評で、是非とも一度は観ていただきたい、必見のミュージカル。

吉田松陰の作品は、エンターテイメントの上演だけにとどまらず、ミュージカルと講演会を合わせた「ミュージカル講演会」やミュージカルと社内研修を組み合わせた「ミュージカル研修」としても、相性抜群で、口コミも徐々に広がってきています。

無駄なことは、何ひとつない

実は高校生の時に、父親の死をきっかけに登校拒否。それがきっかけとなり、学生時代は人とまともなコミュニケーションが全く取れないような目立たない存在でした。大学ではミュージカルと全く無縁の!? 数学を専攻。祖父が能楽師ではありましたが、芸術とは真逆の生き方をしていました。

そんな中、人生を大きく変えたのは、アメリカへ交換留学をしていた時に観た、ブロードウェイミュージカル。
無謀にも20歳を過ぎてから、プロのミュージカル俳優を目指しました。
正直、最初の十数年は、かなり苦労をしました。
しかし、その苦労をした事も、今となっては良い思い出です。

無駄なことは何ひとつない、何も持たず、どん底から這い上がってきた経験は逆に、作品を通して皆様へ元気を持って帰っていただくアドバンテージとなっています。

どんなところでもステージに